面接のコツ

オフィスビル

どうしても編集の仕事がしたくて、出版業界に入りたいと思った時に、何よりも大切になるのが、面接になります。たとえ未経験での転職であったとしても、経験がある人の転職であったとしても、面接は避けて通ることが出来ません。ですので、どうして編集の仕事がしたいのかというのを、きちんと面接官に伝えるようにしましょう。その際に、一番大切になるのが、志望理由になります。志望理由は、どうしても目先の理由だけを熱く語ってしまう人が多く、それでは落とされてしまう可能性がありますので、注意が必要です。ポイントは、なぜ編集の仕事をするために、うちの会社を選んだのかというのを、具体的に面接官に伝えることです。そうする事で、きちんとアピールする事が出来ますよ。

また、転職活動をする際に、最も未経験の人が、面接で落とされてしまいがちなフレーズがあります。それは、勉強がしたいからという事です。会社は、あくまでも仕事をする場所であって、学校ではありません。ですので、会社に入ってから編集の勉強をするという事でしたら、面接官に良い印象を与える事はできないでしょう。確かに、会社に入ってから勉強をしたいというのは、一見とても働く意欲があるように思えます。ですが、実際には、勉強する意欲ではなく、働く意欲をもっと見せて欲しいと思っている面接官が多いのです。転職活動はとても大変です。できる限り、早く就職が決まるためにも、しっかりと面接対策をとっておくようにしましょう。そうすれば、安心して面接に挑む事が出来ますよ。